お腹 シミ 産後

お腹にシミがあるけど水着が着たい。産後のボディケア対策。

産後のシミ対策

 

産後にできるのは妊娠線だけじゃありません。

 

シミもできるんです。

 

いままできれいな(とは言ってもすっごくきれいっていうわけではないけど)お腹に、突如としてできる憎たらしい肌トラブル。

 

お腹にシミってね・・・。
普段はどうでもいいんだけど(見えないからね)、水着を着る季節になると本当に困る。

 

だからといって水着を放棄するわけにはいかないですしね。

 

デザインもやっぱりかわいいのはおなかが見えるようになってるんですよ。

 

 

今回はおなかがシミができたときの対策についてご紹介します。

 

 

産後、おなかにシミができる原因は?

産後お腹シミ

 

産後にお腹などを始め、体中にシミが増える大きな原因は

 

妊娠によるホルモンのバランスの崩れです。

 

出産前後は女性ホルモンが増えて、メラニン色素が増えることにより色素沈着が起こりやすくなります。

 

しかも、妊娠期間中は、さらにお腹も大きくなっていくので、皮膚が引っ張られます。

 

その刺激もあり、シミやほくろをつくるメラニンが大量に作られます。

 

ちなみに、お腹だけでなく、背中やお顔などいろんな部分にもシミが増えますね。

 

同時に、乳首や乳輪など色素沈着を起こしやすくなります。

 

 

産後は、時間がある程度経過すると、色素沈着が少しずつ落ち着きますが、元の色まで戻ることは難しいといわれています。

 

 

 

産後のお腹のシミ対策

産後お腹シミ

お腹のシミをきれいにするためには、ターンオーバーを正常に促すことが何よりも大切。

 

シミというものは、肌のターンオーバーが正常に行われないのが原因といわれているので、その肌のターンオーバーを助けるために、正しいケアを続けて行くことで、お腹のシミは改善されて行きます。

 

肌のターンオーバーを助けるには、肌の新陳代謝を活発にする必要があります。

 

保湿

そのためには、肌の保湿をしっかり行うことが大切です。

 

お風呂上りの柔らかい肌に、しっかりとクリームを塗って保湿あげると、新しい皮膚を生成することをサポートしてくれます。

 

なので、保湿のためのクリーム選びも大切です。

 

シミやそばかすに効く美容成分が配合されているクリームを塗るようにしましょう。

 

特に、メラニンの生成を抑える働きがある「ビタミンC誘導体」が配合されているクリームはお勧めです。

 

ホルモンバランスが元に戻るのをただ待つよりも、効果が早く感じられると思います。

 

>>ビタミンC誘導体配合の保湿クリームはコチラ

 

 

シミ対策の食べ物を摂る

産後のシミ対策
お腹のシミを改善するには、体の外側のケアだけではなく、体の内側からもケアして行くことも大切です。

 

シミやそばかすに効く栄養素の代表的なものとして、3つあります。

 

まずひとつめは、ビタミンC。

 

ビタミンCには、活性酸素を防ぎ、シミやそばかすを目立たなくする効果があるといわれています。

 

もうひとつの栄養素は、ビタミンAです。

 

ビタミンAには、皮膚や粘膜を作る働きがあります。

 

そして、ビタミンEですね。

 

ビタミンEは、血流を良くして代謝を促す効果や、抗酸化作用があります。

 

これらの、栄養素が入った食べ物を意識して摂りたいですね。

 

 

あきらめない!ケアをするときれいになっていきますよ。

産後お腹シミ

すべてきれいに消えるというわけではありませんが、時間が経つをきれいになるシミもあります。

 

どちらにせよ、美白成分配合の化粧品を使いましょう。

 

完全にはきれいにはなりませんが、少しずつ気にならなくなります。

 

周囲の視線を気にせずに、堂々と水着を着れるようにお手入れをしてみてくださいね(・∀・)

 

 

page top