おっぱい 肉割れ 対策

おっぱいがでかすぎて肉割れができた涙 

おっぱい 肉割れ

 

でかいとでかいなりに悩みがあるんですよね。

 

おっぱいを大きくしたい!という人にはなんともうらやましい話なんですが、おっぱいが大きくて悩んでいる人もいるんです。

 

おっぱいが大きいために、皮膚に負担がかかるために肉割れができることがあるんです。

 

妊娠してるからって肉割れができるわけではないんです。

 

肉割れができると見た目も悪いし、「もしかしたら彼氏に引かれる?」と悩む女性もいます。

 

今回はそんな肉割れ対策についてご紹介します。

 

 

バストは肉割れができやすいんですよ。

おっぱいがでかすぎて肉割れができた涙 
最初に肉割れができる条件をいいますと

 

◇急激に皮下脂肪が増えること。

 

◇肌が乾燥して肌の伸縮性や弾力性が足りない。

 

この二つの条件がそろうと肉割れができやすいです。

 

そう考えると、おっぱいはこの肉割れができる条件があてはまりやすい場所なんです。

 

肉割れというのは

 

脂肪が増えることで皮膚に負担がかかって、皮膚の下の部分の真皮を中心とした線維芽細胞やコラーゲン繊維が断裂するためにできるんです。

 

 

それから

 

真皮や皮下組織が乾燥してしまって、弾力性や柔軟性が失われるために、本来の弾力が失われてコラーゲン繊維が断裂しやすくなります。

 

こうなるとちょっとした刺激をうけると肉割れができます。

 

最初は赤いひび割れみたいなので目立ちますが、時間が経つにつれて白くなって肌がデコボコします。

 

一度白くなってしまうと完全にきれいになくなりません。また放置していてもなくなりません。

 

おっぱいはでかいのはいいけどその分皮膚にも負担がかかるんですよね。
だからちゃんとケアすることが大切!

 

 

おっぱいの肉割れを予防&ケアしよう

肉割れ。

 

できたものは仕方がない。これからケアを始めましょう。

 

そしてこれからできにくくしたらいいんです。予防ですね。

 

体重管理

まず一番は体重管理ですね。

 

人によって違うんですが、太るとバストもすごく大きくなるっていう人は体重が突然増えないように気を付けないといけません。

 

食事管理が大変なら、適度な運動するようにするといいですよ。家でストレッチとか簡単なエクササイズをするだけでも違ってきますよ。

 

 

バストに合うブラをつける

バストが動いて皮膚が引っ張られることで、真皮がきずつき肉割れができます。

 

なのでバストが動かないようにすることが大切。

 

そのために、ブラはちゃんとサイズがあうものを付けるようにしましょう。

 

 

保湿

それから乾燥対策のために保湿です。

 

保湿も真皮までは届かないとしても角質層の深い部分まで成分が浸透して、ターンオーバーやメラニン色素の排出を促す成分が入っている保湿クリームがおすすめですね。

 

コラーゲン繊維を促進させる栄養成分などを補る保湿クリームならよりいいですね。

 

保湿クリームを塗りながらバストマッサージをすることで肌が柔らかくなるし血行も良くなるので肉割れケアに効果的です。

 

塗るタイミングは血行がいいお風呂上りがいいですね。
肉割れがある場合は、朝も塗るといいですね。

 

こまめに保湿することが大切です。

 

普段からバストマッサージするとバストの形もきれいになるし、ハリも出てくるのでふわふわおっぱいになっていいんですよ^^

 

 

もし、バストの下の部分がピリピリしたり、痛痒い場合はもしかしたら肉割れができているかもしれません。

 

見つけて早めにケアすることで綺麗な状態に戻りやすいです。
そのまま放っていくと白くはなりますが、テカテカ光って傷跡のようになります。

 

なので、赤みが引いてくる前に肉割れケアを始めてみてください。

 

自分で肉割れをケアしたいならノコアクリームがおすすめです。
できた肉割れに特化した保湿クリーム。贅沢成分がたっぷりです。

 

保湿力が高いのはもちろん、ターンオーバーを促進するために必要なビタミンCが肌の中まで浸透できるように新型ビタミンC誘導体が配合されています。

 

なるべく早く簡単に肉割れをきれいにしたいならおすすめですよ^^

 

>>ノコアを使ってみました。感想はこちらです。

 

 

ノコア最安値

page top