臨月 お腹 ピリピリ

お腹が大きくなって妊娠線ができるとどうしても傷みがでてきます・・。

臨月妊娠線ピリピリ

 

ピリピリするということは妊娠線ができる前兆です。

 

パッとみても妊娠線ができてないから大丈夫?

 

いいえ、表皮下で妊娠線が進行している可能性があるんです。

 

臨月はまさに出産までのラストスパートです。
母体も栄養を蓄えるために、どんどん体重が増えやすい時期です。

 

体重が増えるとそれとともに大きくなるのがおなか。(太もも、お尻、バストも・・)

 

お腹が短期間で大きくなるので、皮膚がその成長についていけなくなって表皮の下の部分の真皮が裂けやすい状態。

 

妊娠線ピリピリ

 

これが妊娠線ですね。

 

真皮が傷つくので、痛みを伴う場合があります。

 

 

後悔!!私は妊娠線をぼりぼり増やしました。

 

私の経験上、ピリピリしました。
針のようなものでチクチクされた感じでした。

 

私の場合はむくみもひどくて、ウエストの部分のゴムがおなかに食い込んじゃってて、お腹にゴムの跡がくっきり!

 

(見えないんですけど、触ったらわかるくらいボコボコしてるんです!笑)

 

だから、そこを・・・

 

ぼりぼりぼり!!!!

 

と掻いてしまいました。

 

かゆくてたまらないんです。

 

皮膚は乾燥してるからかゆみがでるわ、妊娠線ができてるからピリピリ痛いわ。お腹も出産前で重いし。

 

本当に大変でした。

 

賢いママさんたちは、ここでぐっと我慢して保湿クリームをぬるなどのかゆみ対策をするんですけど、無知だった私はおなかが重たいし、やたら暑いし(11月だったんですけど、妊娠してるから暑くてたまりませんでした)で、ストレスがすごくて

 

ただ生きているのがやっとでした。

 

でもこうなると、出産後に妊娠線に悩むことになります。

 

妊娠線痛い

 

妊娠線が目立たなくなるまでものすごく時間がかかりました。

 

 

ちなみに、臨月まではできてなかったのに、臨月に入ってあっという間にできるママさんもいるので、油断は大敵です。

 

どれだけ妊娠線対策をしても、できてしまうことがあります。

 

だからといってあきらめて何もしないのではなく、ちゃんと対策をして、できるだけ妊娠線ができる範囲を少なくするのがいいですね。

 

周りのママさんたちの話を聞いていると、予防ケアをするとしないとではやっぱり結果が大きく違ってくる気がします。

 

 

妊娠線は早めのケアが大事!

臨月妊娠線ピリピリ

妊娠線がひどくなるのか、ならないのかは、早めにケアをするかしないかによります。

 

なのでピリピリと痛いということは、まさに今妊娠線ができている最中っていうことです。

 

この時を逃してはなりませぬ!

 

ここで保湿ケアをすると妊娠線が白く跡ができる前に目立たせなくすることができます。

 

 

先ほどもいいましたが

 

絶対に掻いてはいけません。よけい傷が広がる可能性があります。

 

こまめに保湿クリームを塗って肌の乾燥を防ぎましょう。

 

 

お肌がピリピリしているということは妊娠線ができているということですから、予防よりもできた妊娠線対策ができるクリームでケアするのがおすすめです。

 

できた妊娠線は完全には消すことができません。

 

ですが、ケアをすることで目立たせなくすることはできます。

 

肌のターンオーバーを正常に促すサポートし、肌表面から角層へと奥深くアプローチするアイテムで、ぜひ手軽に妊娠線ケアしてくださいね^^

 

>>【赤ちゃんにも安全】妊娠線対策クリームランキング

 

ノコア最安値

page top