妊娠中 セルライト 対策

妊娠中にセルライトがたくさん!!セルライトケア方法が知りたい。

妊娠中セルライト対策

 

知ってましたか?

 

妊娠中って

 

妊娠線だけじゃなくてセルライトも

 

できやすいんですよ・・・。

 

特に、太ももやお尻にセルライトが発生してしまう人が多いんです。

 

セルライトは一度できるときれいにするのは大変なので、できないように普段から気を付けることが大事ですよ。

 

 

妊娠中にセルライトができる原因は?

セルライト

「妊娠中は水を飲んでも太る(特に後期)」
と言われるぐらい妊娠中は太りやすいです。

 

つまり脂肪ができやすいんですね。

 

脂肪ができやすく、さらにお腹が大きくなって脚の付け根の部分、そけい部が圧迫されます。

 

そうなると血液やリンパの流れが悪くなります。

 

流れが悪くなると足がむくみやすくなって老廃物がたまりやすくなり、その老廃物がセルライトに!!

 

セルライトをそのまま放っておくとだんだん硬くなるので、なかなか自分でケアできなくなります。

 

 

セルライトが多いと
リンパや血液の流れが悪くなるので

 

むくみやすい
下半身が痩せにくい

 

そんな体質になってしまうんです。

 

 

それはいやだ!!

 

 

なので、普段からセルライトケアをしていきましょう。

 

 

妊娠中にマッサージしてセルライトを除去してもいいの?

セルライト

マッサージはおすすめできません。

 

なぜなら、おなかや下半身をマッサージすることで、陣痛を促したり、お腹が張ってしまう可能性があります。

 

セルライト対策にマッサージは有効ですが、妊娠中は刺激になってしまうので控えてくださいね。

 

でも、安心してください。

 

マッサージをしなくても他にできる対策はあります(・∀・)

 

 

妊娠中にできるセルライト対策

セルライト

体を冷やさない

セルライトをケアするなら

 

体を冷やさない

 

のも重要です。

 

むくむ原因になります。

 

子供がおなかにいる間は体温が上がるので暑いし
つい冷たいものを飲みたくなるかもしれませんが

 

体を冷やす飲み物を飲まないようにするのも大切です。

 

コーヒーは体をひやすし
緑茶もカフェイン入ってますしね。

 

麦茶とか
ルイボスティーもいいですよね。

 

特にルイボスティーは鉄分など妊婦さんに必要な栄養分が含まれていて、カフェインが含まれていないので一番おすすめです。

 

夏は大変だとは思いますが、体を冷やすと血行が悪くなって体がむくんでしまうので気を付けてください。

 

 

保湿

セルライトの予防には専用のクリームを使うのがおすすめです。

 

使うなら、妊娠線予防ができるクリームを使うと一石二鳥です。

 

妊娠線対策と同時にセルライトケアもできるクリームとして人気なのがノコアです。

 

日本製でオーガニック製品で安心ということもあり、美意識の高い女性の間で爆発的な人気なんです。

 

妊娠中はあまり体に刺激を与えないほうがいいので、塗るだけがいいですが、産後はマッサージも一緒にするとセルライト改善に大きな役に立ちます。

 

セルライトに効果があるノコアを実際に使ってみました

 

ノコア最安値

page top